Legend of The Last Dragon −序章−

レノア暦四三八年、春――青葉の月。

レノア城の一室で、エイルは深い眠りについていた。何か幸せな夢を見ていたような気もする。しかしいつしか、どこかかなり遠くから、誰かが彼を呼んでいるのだった。その声が、次第に大きくなってくる。エイルは眠りから急速に引き戻されていった。だがまだ目を閉じたまま、少年は柔らかな布団の中で体をひねった。聞き慣れた声が部屋に響いている。

「……エイル様……エイル様! ……起きていただけましたか!」

ようやっと眠りの世界から抜け出したエイルは、ゆったりとした動作で体を起こした。普段であれば側仕えの侍女の、控えめな高い声が彼を起こす。しかし今、彼を呼んでいるのは男の声だった。聞き慣れた声だが、声の調子は妙だ。エイルは、いまだ完全には覚醒していない頭でそんな事を考えた。

青い瞳に映るのは、まず自分が寝ていた広い寝台。それから、天蓋(てんがい)に吊ってある薄い絹のヴェール。床に視線を滑らせれば、そこには豪華な模様の絨毯が敷き詰められている。広々として居心地のよい自室だ。壁一面の大きな窓から射し込んだ朝陽が、寝台の横に飾ってあるエイクス=ヨハネ=シュレイス=レノア十三世の戴冠式の絵を輝かせている。エイルはその誇り高い父親の絵姿に目をやってから、声の主を探して、寝ぼけた目を部屋の入り口に向けた。

先ほどからエイルを起こすために声をかけていたのは、鎧をまとった剣士であった。エイルにとってはもっとも親しい騎士の一人、緑旗隊の副隊長でもあるシキ=ヴェルドーレだ。普段であれば、鎧を着たまま王族の部屋に踏み入る事など、許される事ではない。しかし今、黒髪の剣士はまさにその足を、柔らかく分厚い絨毯の上に踏み出しているところであった。彼のエイルを見つめる顔は主君を思う気持ちに溢れていたが、深い緑の瞳は苦しげに光っていた。その様子からは、よほど火急の事態が起こったのであろう事を窺い知る事が出来る。

シキの姿を認めるに至って、ようやくエイルの頭はすっきりしてきた。そしてその表情を見て、エイルは事態がただごとではないと悟った。

「何? 何があったんだ?」

「エイル様、落ち着いてお聞き下さい……。この城は、今、敵に攻め込まれております」

「え……っ」

「一刻もお早く、鎧の準備をなされませ」

「ちょ、ちょっと待って。父上と母上は? 兄上は、どうなさっているんだ?」

「それは……」

「いや! それよりこの平和な世界で、誰がこのレノア城を攻める?」

シキは、その判断に内心では感心しながらも、これからこの幼い主君に伝えなければならない事を思い起こし、胸を痛めた。豪奢(ごうしゃ)な天蓋つきの寝台の上、少年王子は起きあがった姿勢のまま、騎士の顔を穴が開くほど見つめている。その真摯(しんし)な瞳にシキは思わず目をそらし、うつむき加減でゆっくりと口を開いた。

「コジュマール様が……王弟コジュマール大公が軍勢を率いて攻め込まれたのです。城門のあたりは既に火の海。これは、完全なる反乱です。詳しい事は後ほど、全てをお話しいたしますゆえ、今は、お早くご準備の方を……」

「そんな……まさか! なんたる事だ……。シキ! 父上や母上、兄上の事だけは教えてくれ。今はどうなさっておられるんだ!」

「……エイクス王、そして母君様、シエル殿下。皆様は……お亡くなりになりました。つい、先ほど……」

寝台から降りようとしていた中途半端な姿勢のまま、エイルは凍結したように動かなくなった。足元を見ていた目だけが浮遊し、ゆっくりと黒鎧の剣士に向けられる。

「シ……キ?」

あまりにも突然の通告である。茫然自失といった表情と、不安げに揺れるその瞳。予想していたとは言え、幼き王子の様子はシキの胸を貫いた。まだ弱冠十二歳の大切なご主君は、何を言っていいやら分からず、ただ唖然と開けた口をわななかせている。厳しくも優しい父親、国中で一番美しいと言われた母親、前の王妃の子であるとはいえ仲の良い、エイル自慢の兄王子。その彼らを、そして彼らの深い愛までも、エイルは失くしたのである。それもまだ自分が何も知らない内に。一瞬にして。

エイルは何も考えられないまま寝台から降り、のろのろと歩き出した。たった今聞いた事実が信じられないのである。そしていつものように――まだ寝間着のままではあったが――両親に挨拶をしようと、つまりは部屋を出ようとした。しかし既に立ち上がっていたシキの腕が苦しげに、その歩みを止める。エイルは、伏し目がちなシキの顔を見上げた。その表情を見て、気づく。焦点の定まっていなかったエイルの瞳が一瞬潤み、そして、小さな顔が歪んでいく。

「嘘ではないのだな……。では、もう……もう……」

「エイル様」

少年は理解し、その目を閉じた。空白の次にやってきたのは深い悲しみである。エイルの頬に暖かいものが流れ、膝からは力が抜けて思わず崩れ落ちそうになった。シキは黙って、主君を支えるためにそっと腕を伸ばす。エイルはその腕をぎゅっと掴み、しばらくの間、肩を震わせていた。

「エイル様、準備をなさって下さい。……このままここにはいられませぬ」

その時。どこかで大きな音がした。何かが爆発したような音で、それに伴って多くの喚声も響いてくる。穏やかな光が溢れ、平和であったはずの王子の部屋に、突如慌ただしさが満ちた。シキは緊張した声で言う。

「今はとにかく早く、鎧をお召しになって下さい。長旅になるやも知れませぬ。金貨や大事なものをご用意下さい。ただあまり多くの物は……」

と、エイルの部屋の外、階段を駆け登る一組の足音が聞こえてきた。その足音はエイルの部屋の前で立ち止まり、次の瞬間、勢いよく扉が開け放たれる。既にシキは長剣を抜き、エイルを背中にかばった態勢で身構えていた。しかし、シキの予想とはうらはらに、そこへ現れたのは一人の老人だった。彼は肩で息をしながら、慌てた様子で訴え始める。

「シ、シキ殿、こちらにおられましたか! たた、大変な事に……うぅっ」

「ジルク殿、何だと言うのですか。王弟による反乱勃発より大変な事など……! 司祭の占いが有能である事は分かっているが、それどころではないでしょう」

王宮専属の司祭であるジルク老は、その枯れた手で胸を押さえていた。長く立派な白ひげを蓄えた顔が息苦しそうに歪んでいる。恐らく、滅多にない事だが、走ってきたのだろう。いつも彼を覆っているはずの、貫禄や威厳といった言葉はもはや失われていた。老司祭は乱れた髪を撫でつけ、髭を撫でさすった。気が焦っているのか、無理に何か言おうとし、何度も咳き込んだ後、彼はようやく一気にまくし立て始めた。

「不躾(ぶしつけ)なる態度はこの際お許し願いたい。大変な事態になりましてございます。私めは先ほど占いをと思い……ええ、コジュマール様、いやコジュマールの軍は王の広間にて足止めを食らっているとの事、まずはエイル様の逃げ場を確保せねばと思い、占いを始めたのです。非常に遺憾ではございますが王も、第一王子のシエル様も亡き今、エイル様だけが頼みの綱。今後のレノア国の存亡も含めまして占いをと……」

そこまで言ったところで、ジルクはむせ、再び激しく咳き込んだ。あまりに多くの言葉を早くしゃべろうとするので言葉に詰まり、次いで息がつまるのだった。胸を叩き、深呼吸をしているジルクに、シキが小さく舌打ちする。

「落ち着いて下さい! ……ああもう、何だっていうんだ!」

気持ちの焦りから、シキはいらいらとした様子を隠しもしない。ジルク老はその様子を見て取り、まずは自分の部屋へと促した。老司祭は塔の最上階の近くに自室と仕事部屋を与えられている。

「とにかく行って説明いたしますゆえ……。反乱軍は我が軍の精鋭たちが取り押さえてくれるでありましょう、まずは、我が部屋へエイル様をご案内いたしましょうぞ」

「分かりました。私は戦況を見てまいりますゆえ、ジルク殿はエイル様をお部屋へお連れしてください。私もすぐに追いかけます」

言いながらエイルに目をやると、王子は純白の鎧を着ようと四苦八苦していた。いつもならば当然、侍女がその身にまとわせるべきであるのだが、既に逃げてしまったのか、呼んでも一向に現れる気配がない。エイルは鎧を上半身だけなんとか身に着けた、といったところだ。

「シキ……」

細く柔らかい水色の前髪の下で涙の雫が光っていたが、シキを見ると、少年王子は気丈にもその潤んだ瞳を拭(ぬぐ)った。励ますようにその肩を叩き、シキは長剣を腰に挿して部屋から駆け出していく。これから先の事を考えると、その心中には暗澹(あんたん)たる思いが溢れんばかりである。

エイルはなんとか鎧を身に着けると、美しい模様が刺繍されている布袋に金貨を詰め込んだ。幼い頃に母から貰った美しい小箱も袋へ入れ、他に何を持っていけばいいかな、と部屋を見まわす。もしかしたらここにはもう戻って来られないかもしれない……などという考えは、彼の頭には微塵(みじん)も浮かんでいないようだ。ジルクは王子を急かすようにして部屋を出た。

ジルクの部屋は狭くなかったが、様々なものがいたる所に山積みで、奥へ入るにはそれらをかき分けて進まなければならなかった。壁はそのほとんどが作りつけの本棚で、一番上はどうやって取るのだろうと思うほどの高さまで本でいっぱいになっている。奇書魔法書の類はその棚からも溢れ、机や引出の上にまでうず高く積まれている。液体の入ったびんや何に使うのか分からないような道具がその隙間に詰め込まれている。見た事もないような動物の剥製まで、床に転がされていた。また文様のついた壷や木製の樽が床に並んでおり、それぞれ異臭のする液体、丸めた地図や古紙など、様々なもので満たされていた。本棚のない壁には魔法陣が描かれた壁掛けや、エイルには読めない文字がびっしりと書きこまれた羊皮紙がいくつも留められている。ろうそくが灯してあるとは言え、窓のないこの部屋は薄暗く、エイルはいつも好きになれないと思っていた。

先ほどまで聞こえていた大きな騒音や人々の喚声は、ここまでは届いてこない。若干落ち着きを取り戻してはいたが、エイルの顔は晴れなかった。父王や母の事を思うと、小さな胸が潰れそうになる。エイルには反乱という言葉が持つ本来の意味など、まるで理解出来ていなかった。 ――何故、突然こんな事になるのだ。もう二度と両親や兄に会えないというのは、本当に、本当なんだろうか……。

漠然とした不安と、深い悲しみだけが頭を満たしている。何もかもが一時(いちどき)に起こり、冷静に分析する事など出来なかった。エイルは大きく頭を振って、何とかその事を考えないように務めた。見れば部屋の一番奥、丸い台座の設置されているあたりからジルクが手招きしている。

「殿下、こちらでございます。ご説明致しますので……」

エイルは足に当たった植物の標本のようなものを、気にも留めずに踏みつけながらジルクの元へと向かった。

「それで、占いはどんな結果になったんだ?」

小首をかしげて尋ねると、老司祭は何かを決心したように話し出した。

「よろしいですかな。この世を統べているのは『人間』でございますな」

「当然のことだ。占いはどうした」

「殿下、まずはこのジルクの話をお聞き下さい。……殿下は、竜、というものをご存知ですかな」

「伝説上の生き物だろう? 本で読んだ事がある。その昔、この大陸で人間の治めていた場所は半分以下で、大陸のどこかに竜の王国があって、竜族がそこを治めていたんだ。でも竜は凶暴で、そこへ行く人間をみな殺しにし、すごく危険だった。だから人間と竜が戦争をして、竜の王国はなくなって、竜も絶滅したんだって、そういう風に書いてあったと思うが」

身振り手振りを交えながら説明する少年王子に、ジルクは頷きながら同意した。

「そうでございます、殿下はよく勉強しておられますな。そのおかげで今の世は平和になったのだと伝えられております。ですから、今は竜など一頭も存在いたしません。シンジゴ山脈より南は未開の地ですゆえ、事実上、北の大国であるこのレノア国が世界を統治しているといっても過言ではありますまい。……そして今、王弟コジュマール公による反乱が起きましてございます」

「……」

エイルは下唇を噛んで目の前の老人を睨んだ。ジルクは目を閉じて何度も頷いている。

「お気持ち、お察しいたしますぞ。……この先レノアがどうなっていくのか、私の心も痛んでおります。私が先ほど占っておりましたのはレノアの、この国の行く末でございます」

「うん。それで、結果は……?」

「……世界は、竜によって破滅する、と。……いえまさか、竜が復活するなどという事はあり得ませぬ」

エイルの不審そうな顔に、老司祭は手を振って打ち消した。

「そこでもう一度占い直しましたところ、『二人の子供、それも同じ日に生まれ、同じ顔を持った二人の子供が必要である』との結果。ですが、二人同時に生まれる子供などおりません。もちろん、兄弟でも同じ顔という事はありませぬ。一体この結果がどういう意味なのか、私にも分からないのですが……。とにかく、誰かが彼ら二人を連れてこなければなりませぬ。でなければこのレノアはおろか、世界の危機でございますから」

「ジルクの占いは絶対だものな」

「運命の神クタールには負けますがな」

老人はささやかな微笑を漏らした。しかしすぐに気を取り直し、真剣な顔つきで説明を続ける。

「『同じ顔の二人』の居場所は突き止めました。秘術の本を紐解きまして、転移の術法も準備致しました。ただ……その『場所』というのがどこであるのか、はっきりとは見えませんで……。いやしかし、何はともあれ誰かがその場所へ行き、二人の子供を連れ帰らない事には……」

エイルの背後、重そうな鎧の音がシキの入室を知らせた。塔の階段を駆け登ってきたせいだろう、シキは少し息を切らしている。しかし何よりもまず目に入るのは、その必死の形相であった。彼の緊張した面持ちから、一大事である事が見て取れる。どうやら事態は楽観視出来ない方向に進み始めているようであった。シキは二人に向かって早口で告げる。

「既に……塔の下まで反乱軍が来ております。私は守りを隊長に任せ、こちらまでご報告に参りました。ですが、すぐに戻らねば」

訓練された騎士であるシキは、それ以上余計な事を言わず、二人に背を向ける。ひるがえったそのマントをエイルとジルクが掴んだのは、ほぼ同時だった。焦って振り払おうとするシキを手で制し、ジルク老は口を開いた。

「行ってはなりませぬ。シキ殿には、エイル様をお守りいただかなくてはなりませぬゆえに」

「だから、戦いに行かねばならんというに。離してくれ、ジルク殿」

「そうは参りません! ……エイル様、『同じ顔を持つ二人』を探しに行くのは、殿下にお任せ致しますぞ」

「えぇっ?」

エイルは突然の宣言に戸惑った表情を見せたが、ジルクの眼差しは有無を言わせぬ迫力で、反論する事は出来なかった。慌てた様子のジルクに促されるままに、丸い台座の上に押しやられ、エイルは助けを求めるようにシキに視線を投げる。高い台座に登ったおかげで、エイルの視線はちょうどシキと同じ高さになっていたのである。シキはその視線に答えながらも、ジルクに反抗しようと試みた。

「ジルク殿、今はそれどころでは……」

「それはこっちの台詞じゃ! 早く、シキ殿もこちらへ。説明している暇はありませぬ、さあ早く」

ジルクの切羽詰まった声にただならぬ雰囲気を感じたのか、シキはとりあえず抵抗をやめてエイルが乗せられている高い台座に登った。エイルがしがみつくようにしてシキのマントを握り締める。ジルクは積み上げられた本の山からぼろぼろの一冊を抜き出し、慌てた様子でめくった。

「ジルク殿、私には話が見えませぬ。エイル様をこの城から脱出させる手段でもあると……?」

「その通りですぞ。反乱軍がここまでやってきたのなら、いくらシキ殿が一騎当千の剣士であろうとも、持ちこたえられはすまい。王子の逃げ場がなくなる前に、転移の術法を使います。……ああ、これだ」

そういうと、本から一枚の羊皮紙を破り取った。そしてそれをエイルに示しながら、慌てた口調でまくし立てる。

「よろしいですか、殿下。『同じ顔を持つ二人の子供』をお探し下さい。彼らが世界を救うたった一つの手段です。これが大陸図で、レノア城はここです……よいですか、竜からレノアを、ひいては世界を守るためです。大役ですぞ!」

老人はそう言うと、エイルの持っていた袋に羊皮紙を詰めこむ。それからシキに向かって語りかけた。熱っぽい光をたたえた目が、その必死な思いを伝えている。

「事情は向こうへ着いてからエイル様にお聞き下さい。詳しい事をご説明申し上げている暇がありませんでしたが……。とにかくエイル様をお守り下さい。シキ殿なら安心ですからな。……それから、御身もお大切に。必ず、必ずお二人とも、お戻り下さいますよう! お願い申し上げる」

「ジルク殿」

司祭はシキとエイルに一瞥(いちべつ)をくれ、かたわらの分厚い書に手を伸ばした。大きな、まるで鐘を叩くような音が響いてくる。どうやら塔の扉を叩き壊そうとしているようだ。老人は急いで本の一節を読み上げ始めたが、エイルにもシキにもその言葉は理解出来なかった。不思議な抑揚をつけてジルクは朗読を続ける。しばらくするとエイルは、自分の身体が熱くなるのを感じた。不安を感じて振り仰ぐと、黒い鎧を着込んだ剣士も自分を見つめ返していた。

「何があってもお守りします」

シキは王子に向かって笑顔を作る。それを見て安心したエイルは、これから起こる事に慌てないよう、息を整えた。王国騎士団の中でも五本の指に入る剣士の笑顔は、幼い王子を満足させるに足るものであった。

眉を寄せているジルクの額には、じんわりと汗の粒が浮き出していた。エイルとシキが乗っている台座が光を放ち始める。どうやら台座全体が魔法陣の役目を果たしているようだ。その光の中、エイルとシキの姿がだんだんと薄れていく。ジルクはほっと息をついたが、次の瞬間、目を見開いた。台座の光がゆっくりと、その色を変えていく。淡い黄色に光っていたのが、徐々に緑色へと変化しつつあった。

「おかしい、おかしいぞ、こんなはずではない……! これは、サキュレイアの効果ではないか!」

ジルクがそう叫んだ時、大きな音とともに部屋の扉が開け放たれた。怒号と鎧を着た兵士の足音が塔を駆けあがって来るのが聞こえる。振り向いたジルクの目に、武器を掲げて走りこんでくる兵士達の姿が映っていた。

Copyright©, 1995-2010, Terra Saga, All Rights Reserved.